« じゃがいも掘り! | トップページ | ちょっと落ち込んでいます »

傷ついたことば…

昨日お友達からメールがきました。 お友達というのは病気を機になったかたです。

…昨日ちょっと考える事がありました。楽しい話でなくてごめんなさい。ゴミ出しに行ったら近所の人と会って話しとなり、その中の一人に健康診断に行く人がいて「ガンがみつかったりしてね、ガンになったらしゃれになんないよね。そうだったらまっさきに知らせるから」って内容だったのでした。どう?言ったらいいのか、複雑な気持ちで家に戻りました。こっちのことを知らないんだからそんな会話は普通なんだと自分に言い聞かせ…知っていたらしゃれになんないなんて言わないよね!?  なんか悲しかったのでした。

この心無い発言女性なんですよね。 病気になりたくてなったのではないのです。偶然見つかってしまっただけなのです。告知された時はどんなにショックだったか…言った方はまさかこのお友達がなっているとは思わなかったのでしょうが、もう少し 気を付けるべきですよね。

病気の人は自分から「私は今○○の病気です」とは言いません。となりに どんな病気を抱えている人がいるかわかりません。  元気に見えても大変な病気と闘っているかもしれません。  「しゃれ」とはどういうことなのでしょうか?

もし、この発言をした人が健康診断で「がん」が見つかったら絶対他人に言えないと思います。いくら健康だからと言ってもいつ病気になるかわからないのです。もう少し言葉を選んで話すべきだと思いました。 病気になった人が傷つくことばでした。

病気になった人は、いつも不安を抱えています。5年後の生存率○○%、10年後の生存率○○%といわれても 確証はないのです。

よいと言われる治療をして 毎日を明るく生きようとしているのです。もし回りに病気の方がいたら 見守ってあげてください。

|

« じゃがいも掘り! | トップページ | ちょっと落ち込んでいます »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こればっかりは…(^_^;)
なんとも。。。互いの気持ちが理解できるだけに。。。

当の本人で無いと、この胸のうちは語れないと思います。
本当に生死と向き合ってないと。
言葉って難しいですね。
そして相手の立場に立って話をするって。。。
改めて考えさせられました。

投稿: hiro | 2007/06/17 20:16

こんにちワ(^'^)

笑顔なんて・・・と想うでしょうが!

言葉は力を持っています。
そして心はもっと強力です。

その人をパソ母は「哀れ」と想われたのでは?
その、思いは偉大なんだと感じます。

そぉ云う気持ちと「笑顔」や大笑いは
どんな「薬より効く」免疫活性剤だと
私は信じているのです。

(゜-゜)伝わったかな?

投稿: アズマ | 2007/06/17 15:50

自分中心の言葉でしたね。
きっとその女性は、
健康診断に行くのに、不安感があって
それを隠すために、
ふざけた言い方をされたのではないでしょうか?
今、何不自由ない生活をしていても
いつ、病気になるかわからない!
病気にならなくても確実に老いは訪れて
思うように動けないときもきます。
やはり、人はお互いに助け合いながら
心も、思いやりながら過ごしていけたらなあ~と思います。


投稿: ヨピ | 2007/06/17 13:31

「言われた方は忘れないけど、言った方は忘れる」
「された方は忘れないけど、した方は忘れる」
私はよく思います。小学校の時、いじめられていました(今ほどの程度ではありませんが)。たぶんいじめた方は覚えていないと思います。でも私には一生の傷。
「しゃれになんない」と言った方は、近くに重い病気にかかったことのある方がいないのでしょうね。そしてご自分もひどい病気をしたことはないのかもしれません。
もしかしたら、病院通いをしたことはあって、「なってしまったらどうしよう」という怯えからくる言葉だったのかもしれません。人の発する言葉の裏に、どういう思いがあるかは計り知れませんよね。
言った言葉は取り消せません。でも将来その方は後悔するかもしれません。仰る通り、もしなったら言えないと思いますし・・・。
人を気遣った言葉を言える人間でいたい、と改めて思いました。

投稿: うさ | 2007/06/17 09:22

おひさしぶり・・です
一年間の リハビリを終えて退院してきた時
『リハビリしてても車椅子??』っていう
切ない体験・・があります・・
自分自身の経験がなければ・
たとえ・・経験があった・トしても・・
病気・ソノ経過・・ヮ個々・・に違いますから
思い会う・・以外たとえ・・励ますこと・・であっても
気安く・クチにヮ出せません・・
ただ。聞いてあげること・・ソレだけが
≪ほかの人≫・・の出来る・・こと・デスよ・・ネ
ことばヮ・・コワい・・ですから・・
・・・強くなりましょう・お互いに・・

投稿: 台所のキフジン | 2007/06/16 11:47

私の父も癌になってしまって、今週予定していた手術も中止になってしまいました。

父母は昔から仲が悪かったし、私もそれで随分悩んでました。
父が病気になったから、仲良くなったというわけではないですが、最近は夫婦の絆を感じます。娘でも気付けなかった絆です。

私も父に対して、今までは当たりのように思ってたことが、父への感謝の気持ちや父を思い気持ちになっています。
辛い思いをして、初めて気付く幸せなこともありますよね。

ゴミ出しの時にいらした方々は今は健康で元気だから、辛い人の気持ちもわからなくて、気遣いや優しさという言葉を忘れかけていらっしゃるのでしょうね。
ただ、人としてもう少し配慮はしてほしいですね。

パソ母さんも辛い時期があったと思います。私もこれからもっと辛い時期がくるとおもいます。でも、幸せを感じる時間も増えると思います。

投稿: みや | 2007/06/16 09:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« じゃがいも掘り! | トップページ | ちょっと落ち込んでいます »